美容整形の小顔治療 メリットとデメリット

小顔 整形

顔が大きいと全体的なスタイルも悪く見えてしまうものであり、小顔にあこがれているという女性も多いのではないでしょうか。エステサロンでフェイシャルマッサージを受けてもほとんど効果を感じられずに悩んでいるのなら、美容整形の治療に挑戦してみるというのも一つの選択肢となります。

美容整形の中でも美容外科専門クリニックとなれば、外科手術をすることになるので抵抗があるという人もいるでしょう。骨を削るなど目に見える効果を一気に手にすることができるというメリットがあるのですが、ダウンタイムが激しく長期化してしまうため、日常生活に支障が出たり他の人にも腫れてむくんだ顔を見られて驚かれてしまうことになります。

美容皮膚科での治療であれば、ダウンタイムもほとんどなく家族の人にも知られることがありません。自然な仕上がりでありながらも顔をすっきりと見せてくれる治療が行われ、顔にメスを入れることもないので安心です。顔が大きく見える原因は人それぞれであり、骨格の問題以外にも筋肉が発達していたり脂肪が原因ということもあります。原因を突き止めることで治療方法が異なり、診察をしてもらってから自分にベストな方法を導き出してもらうことができます。手軽な方法ではありますが、カウンセリングではデメリットについても説明を受けておく必要があります。

ボトックス整形 メリットとリスク

キレイな顔を望む

メスを使わないプチ整形には、色々な施術法があります。中でもボトックス注射は、施術を行う人が多い人気のプチ整形です。この施術は筋肉の動きを抑制する注入剤を、注射器で注入する施術を行います。筋肉の動きで出来てしまう表情じわの解消や、エラ部分に施術を行う事で小顔効果を得られます。

ボトックス注射のメリットは、はやりメスを使わず効果を得られるという点でしょう。メスを使う施術の場合、どうしても傷跡が残る、後遺症が出ると大きいというリスクが付きまといます。注射での施術であれば、このようなリスクも抑える事が出来るのです。

また、ダウンタイムも短いという点もメリットと言えます。施術後、1週間ほどで腫れや痛みも引くので、長期間仕事を休む必要もありません。当然、入院もする必要が無いので忙しい方でも、施術を受けやすいでしょう。

注射でプチ整形

メリットばかりの施術というイメージがあるプチ整形ですが、やはりデメリットやリスクというものも存在します。注入する量が多すぎてしまうと、筋肉の動きが過剰に抑制され表情が不自然になってしまうのです。この他に、筋肉痛のような痛みを伴うというリスクもあります。

ボトックス注射を受ける場合は、このようなリスクもある事を覚えておきましょう。

Category