切開を伴う整形 メリットとデメリット

美容整形手術は、その方法によって、得られる効果が大きく異なります。特に目元の手術では、手術後に腫れや内出血がほとんどなく、ダウンタイムがほぼ必要ない埋没法があります。これは、まぶたを数か所糸で留めるだけで、二重のラインを作る美容整形手術です。低価格で手軽に行えるというメリットがありますが、時間の経過とともに糸が劣化してしまい、ラインが薄くなってしまったり、元の状態に戻ってしまうというデメリットがあります。 これに対して、皮膚の切開を行う切開法では、まぶたのラインを作りたい部分の皮膚を切開して、再度縫合することで、くっきりと深い二重のラインを作ることが出来ます。元の目の形に関わらず、くっきりとした平行ラインも作ることが出来るので、大幅に目の形を変えたいという人には適した手術です。手術をした後には、半永久的にその効果を持続することが出来るので、修正やメンテナンスの必要がないというメリットがあります。 しかし、費用が高額であったり、医師の技術力によって、仕上がりの状態が変わってくるというデメリットがあります。腫れや内出血も伴うので、しっかりとダウンタイムをとれるようにスケジュール調節を行いましょう。

整形の準備
Category