ほくろ整形 メリットとデメリット

美容整形手術では、ほくろの除去も行うことができます。ほくろは、自分の意思で作れるものではありません。大きさや、出来てしまっている部位によってはコンプレックスとなってしまう場合もあります。特に、顔に大きなほくろがあると、雰囲気が変わってしまったり、コンプレックスに感じるケースもあります。

美容整形外科では、このようなケースにはレーザーなどを使用して、除去する手術を行うことが出来ます。皮膚の奥にある色素を、レーザーの光によって破壊していくことで、徐々に色を薄くして、最終的には除去をすることが出来ます。レーザーでの治療には時間がかかるというデメリットがありますが、痛みが少なく、また傷跡なども残りにくいというメリットがあります。

整形手術

大きな面積のものであれば、皮膚切除という方法もあります。皮膚切除では、大きな面積の除去を一気に行うことが出来るというメリットがあります。すぐに結果を出すことが出来るので、短期間で除去したい場合には適しています。しかし、皮膚を切開して手術を行うので、縫合跡が残ってしまういうデメリットもあります。また、手術後の痛みが伴ったり、感染症などのリスクもあるので、きちんとリスクも理解して行いましょう。

Category